社会福祉法人 恩賜財団 済生会有田病院

外科(消化器)

はじめに

 私たちスタッフ一同は、常に安全で質の高い医療を提供し、広く地域住民に信頼され選んでいただける外科を目指しています。
 済生会有田病院外科は、日本外科学会外科専門医制度関連施設、日本消化器外科学会専門医制度関連施設に認定されています。また、和歌山県立医科大学第2外科の関連病院でもあり、外科スタッフは、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会の認定医・専門医・指導医からなるチームです。この有田地域においても、他に劣らず時代にあった最新の医療サービスを提供すべく、各種消化器疾患を中心に診療ガイドラインに基づいた標準外科治療を行っています。

診療内容

 主に食道・胃・小腸・大腸のような消化管と肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・脾臓などを含めた消化器疾患のほか、気胸・乳腺・ヘルニア・痔核などの手術を行っています。例えば胃癌や大腸癌の場合、早期の小さな病変に対する内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切除術;EMR,や内視鏡的粘膜下層剥離術;ESD)から腹腔鏡下手術や開腹標準手術まで病変の大きさやリスクに応じた手術を行うほか、最近では、短期入院や外来通院での抗がん剤治療が増えています。また、ポピュラーな良性疾患である胆嚢結石や胆管結石においては、腹腔鏡下胆嚢摘出術や内視鏡的乳頭切開術(EST)、胆管ステント留置(ERBD)などの低襲侵治療を積極的に施行しています。

特色

 腹腔鏡下手術の際には、腹腔内の視野を得るために行う方法として一般的な気腹法だけでなく、現在、おそらく県内では唯一の施行施設と思われる吊り上げ法も汎用し、手術治療の工夫を行っています。さらに、消化器だけでなく、気胸に対する胸腔鏡下手術も施行しています。
 その他、術前・術後の治療の効率と安全性を確保するために、各種手術のクリニカルパスを推進する一方で、パスどおりに経過しない80歳代や90歳代といった超高齢者の手術が多くなりつつある昨今への対応として、院内多職種チームであるNutrition Support Team(NST)による栄養支援も受け、個々の患者さんに対するきめ細かい管理を行っています。

外来担当医師一覧表


院長補佐兼副院長
消化器病センター長
瀧藤 克也

部長
佐原 稚基

消化器外科部長 
岡 正巳


外科医長
寺澤 宏


医員
北谷 純也

 

   
 
1診
瀧藤
9:00-17:00
佐原
寺澤
北谷
交替制
2診
(消化器科)
北谷
寺澤

瀧藤

佐原

外科スタッフ

瀧藤 克也

補職名
院長補佐兼副院長
消化器病センター長
卒業年度
昭和59年 自治医科大学医学部卒業 
取得資格
医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定(消化器・一般外科)
臨床研修指導医
日本医師会産業医 
専門分野
内視鏡治療、腹腔鏡外科、消化器がんの低侵襲治療を専門にしています。 

佐原 稚基

補職名
部長
卒業年度
平成2年 和歌山県立医科大学卒業
取得資格
医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
近畿外科学会評議員
日本静脈経腸栄養学会認定医
マンモグラフィー読影認定医
専門分野
消化器外科・内視鏡外科・消化器内視鏡治療・外科栄養管理(NST)

岡 正巳

補職名
消化器外科部長
卒業年度
平成2年 宮﨑医科大学(現:宮﨑大学医学部)卒業
取得資格
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
近畿外科学会評議員
臨床研修指導医
身体障害者指定医
専門分野
消化器外科、内視鏡外科、腹部救急疾患

寺澤 宏

補職名
外科医長
卒業年度
平成4年 和歌山県立医科大学卒業
平成10年 和歌山県立医科大学大学院修了
取得資格
医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
専門分野
化器外科・内視鏡外科

北谷 純也

補職名
医員
卒業年度
平成20年 和歌山県立医科大学卒業 
取得資格
日本外科学会専門医
日本消化器がん外科治療認定医
再生医療認定医
専門分野
消化器外科・内視鏡外科  

手術件数

2008年 170例 (全身麻酔症例 115例)

2009年 159例 (全身麻酔症例 121例)

2010年 181例 (全身麻酔症例 112例)

2011年 176例 (全身麻酔症例 118例)

2012年 185例 (全身麻酔症例 121例)

2012年度 疾患別手術件数

胃癌手術 14例(腹腔鏡下手術1例)
結腸癌手術 11例(腹腔鏡下手術5例)
その他の結腸切除術 8例(腹腔鏡下手術2例)
直腸癌手術 6例(腹腔鏡下手術3例)
肝癌手術 1例
胆道癌手術 1例
膵癌手術 2例
虫垂炎手術 16例
直腸脱手術 7例(腹腔鏡下手術2例)
胆嚢結石症手術 27例(腹腔鏡下手術24例)
総胆管結石症手術 6例
ヘルニア手術 35例
痔核・痔瘻手術 8例
その他、小腸癌、気胸、乳癌手術など 43例
185例